【初心者必見】一年中崩れない!正しいメイクの順番+オススメアイテム

豆知識

今回は一年中崩れにくい、正しいメイクの順番、それと肌質ごとのオススメのコスメなどを書いていきます

参考動画はコチラ↓

メイク崩れの原因はコレ!NG行為5つを知っておこう。

基本的なメイクの順番は以下の通りになります。

①洗顔(余分な皮脂や汚れを落とす)冷たい水が苦手な方は蒸しタオルで顔の気になるところに1分ほど置きます。タオルが冷めてきたら優しくふき取ります。

②スキンケア(化粧水・乳液はこのときに使用)

化粧水は顔全体に塗り、化粧水をつけた後は両手でやさしく押さえてなじませ、一分ほど置いて乳液を塗ります。化粧水でびしょびしょのまま乳液を塗ると崩れる原因になってしまうのでしっかり時間を置きましょう。

③日焼け止め(日焼けとシミ予防のために必ず塗ります)

④化粧下地(ファンデーションのノリをよくする)

BBクリームを使用する場合はこの時に使います。BBクリームは少量指、もしくは手の甲に出しファンデーションと同じように頬を中心に優しく叩き込むように塗ります。余ったBBクリームで鼻、あご、おでこをカバーしていきます。

⑤ファンデーションを頬中心に薄く塗る

BBクリームを使用した場合は省いてOK

⑥コンシーラー(ほうれい線や目の際のシワを埋める)

⑦フェイスパウダー(崩れにくくするための仕上げ)

今回は省きましたが⑦の次にアイメイクなどの工程があります。(眉・アイシャドウ・アイライナー・ビューラー・マスカラー・リップ・チーク・ハイライト)

次はメイクをするうえで絶対に必要な道具を紹介します。



メイク用の鏡はLED卓上ミラーがおすすめ

メイクをするうえで欠かせないのが鏡。ドレッサーもいいですが、LEDライトがついて持ち運びができる卓上ミラーがオススメです。私が10年メイクしてきて一番使いやすいのがSUTEKIYA(ステキヤ)の化粧鏡【SUTEKIYA】女優ミラー。拡大鏡がついていて目の悪い私でも見やすく、LEDライトも明るいので質の高いメイクができます。

自分に合う化粧水を使う【敏感肌・乾燥肌・オイリー肌(油性肌)・混合肌(インナードライ肌)】

どんな化粧水が合うかはこちらの診断からわかります↓

ライスフォース | ライスパワーNo.11エキスで水分保持能を改善するコスメ《ライスフォース公式》

【敏感肌】

ヒリヒリと肌荒れしがちな敏感肌には「キュレル化粧水Ⅲとてもしっとり」「カルテHDモイスチュアローション」がオススメ

【乾燥肌】

ファンデーションを塗ったときにうろこ状になったり粉を拭く乾燥肌の方は「プロステージVC100ビタミンCモイスチャーローションリッチ」「肌ラボ 極潤プレミアム」

私はこの二つをローテーションで使用しています。

プロステージは大容量なのでたっぷり使えます。

肌ラボはトロっとしたテクスチャで保湿に特化した化粧水です。

【オイリー肌(油性肌)】

オイリー肌は、皮脂の分泌が過剰な状態でテカリや毛穴の黒ずみが目立ってしまう肌。クレンジングでは洗浄力弱めのものを使うかホットタオルで軽く皮脂を落とす程度にとどめましょう。

オススメの化粧水は「プロステージVC100ビタミンCモイスチャーローションリッチ」、もしくは「ナチュリエ ハトムギ化粧水」といったさっぱり系がオススメです。

【混合肌インナードライ

混合肌とは顔の部分によって乾燥していたりオイリーだったり二つの性質を持つ肌質のことです。原因として紫外線などの外的刺激、睡眠不足、生活習慣の乱れ、ストレス、肌に合わないスキンケアなどが大きな要因で、基本的には乾燥している部分には【乾燥肌】用の化粧水を、べたついている部分にいは【オイリー肌】用の化粧水を使い肌の保湿を心掛けましょう。

ここでは「プロステージVC100ビタミンCモイスチャーローションリッチ」をお勧めします。

乳液はプチプラでOK

乳液の役目は化粧水が蒸発しないように蓋をする役目なので保湿成分が含まれていて肌の刺激が少ないものであればなんでもOKです。

ここでは「ももぷり 潤いバリア乳液」をおすすめします。

使い始めは桃の香りがし、べたつきなく使えます。

一年中使う日焼け止めはスプレーよりジェルかクリームがおすすめ

日焼け止めはシミ予防として一年中使用するのをお勧めしています。(美容系のお仕事をしている方は毎日欠かさずぬっているそうです。)

私が使用しているのは「メンタームサザン トーンアップ UVエッセンス」

顔・体に使えて接見で落とすことができいます。薄紫のジェルで顔の赤みを抑えてくれる効果もあるので化粧下地としても使えます。

化粧下地は汗に強いものを

秋・冬でも人は汗をかきます。もちろん日焼けもするのでUV機能+汗に強い化粧下地がオススメです。

私の使用しているのは「ケイト(KATE)プロテクション エキスパート(ラスティング)」と「コフレドール(COFFRET D’OR)スキンイリュージョンプライマーUVn」の二つ。肌の状態によって使い分けます。

ケイトは白いタイプの下地で塗るとツヤ感が出てハイライト効果が高く、肌をトーンアップしてくれます。伸びも良く汗に強いのでマスクをしていても崩れにくい下地です。

コフレドールはグリーン、ラベンター、ピンクの三色あり、顔に赤みのある私はグリーンを使っていました。

透明感を出したい方はラベンダーがオススメ。

毛穴が気になる方はピンクがオススメ。

ファンデーションは【ツヤ肌(艶肌)】か【マット肌】なりたい肌で選ぶ

ファンデーションには様々な種類があり【ツヤ肌】か【マット肌】自分のなりたい肌、見せたい肌によって使うものが変わります。

【ツヤ肌】

ツヤ肌とは上の画像のように肌表面がみずみずしく潤っていて、光を反射するような光沢のある肌のことをいいます。若々しさを感じさせる質感ですが過度にファンデーションを塗ってしまうと油でテカっている見え方になるので最初は薄く塗っていき、なじんできたら重ね塗りをします。

ツヤ肌を目指す方にオススメなのは「NARSピュアラディアントプロテクションアクアティックグロークッションファンデーションSPF50+・PA+++

しかし高価なため私は比較的安価な「ミシャ M クッションファンデーション(プロカバー)」を使っています。

どちらも程よいツヤ感を出してくれてなおかつ崩れにくいファンデーションです。

【マット肌】

マット肌はさらさら、もしくはふわっとしたマシュマロの質感のようなふんわりした肌のことです。基本的には「パウダーファンデーション」がこのタイプが多いです。

オススメは「パラドゥ パウダリィ ファンデーション ex」コンビニのセブンイレブンのPBコスメでありながら高い評価を受けています。

コンシーラーはカバー力を重視して

コンシーラーはテクスチャが重いので重ね塗りはNG。なので一回でしっかりカバーしてくれるものを選びましょう。

オススメは「セザンヌ ストレッチ カバー コンシーラー カラー/20

万人受けしやすい色味でシミ、クマを薄くしてくれます。塗るときはこすらず、ファンデーションになじむように軽くたたいてなじませます。

仕上げのフェイスパウダーは崩れにくく毛穴を隠すものを

仕上げであるフェイスパウダーは化粧崩れを防ぐために最後に必ず使います。

私が愛用しているのは「イニスフリー ノーセバム ミネラルパウダーN」と「毛穴パテ職人 フェイスパウダー クリア

イニスフリーは白いパウダーでサラサラした肌になります。

毛穴パテ職人は文字通り毛穴を目立ちにくくしてくれます。

肌の状態によって使い分けるのがベターです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました